集客革命。パーラーホールの現状打破に!客数・客層調査分析システム NAPPA(ナッパ)

お電話でのお問い合わせは: 0458316751
お問い合わせはこちらから

ニュース一覧に戻る

「2011年のホール動向解説」セミナー東京会場開催

今回で2度目となる当社主催のセミナー、「2011年のホール動向解説」をTKP東京駅日本橋ビジネスセンターにて開催いたしました。40社近くの企業様から60名以上にお集まりいただき盛況のうちに終了いたしました。

セミナー風景:奥野倫充氏の講義

2011年のホール動向徹底解説

船井総合研究所の上席コンサルタント・奥野倫充氏をお招きし、昨年業績が大幅に回復したパチンコホールの成功事例を交えながら、2011年のパーラー業界の動向をご解説いただきました。集客、稼働率アップのための営業戦略に役立つお話に「とても参考になった」というお声を参加企業様から多く頂きました。

セミナー風景:弊社スタッフによる講義

客数・客層調査データの最大活用

第二講座では、NAPPAの客数・客層調査データで分析を行い、戦略実行により稼働と台あたりの売り上げがアップした事例をお伝えいたしました。競合店舗と自店舗の調査・分析における「遊技客の客数・客層変化の把握」が業績向上のための重要な要素であることを多くのパーラー企業様からご共感いただきました。

セミナー風景:iPhone、iPod touchを使った調査を実際に体験

iPhoneを使ってNAPPAの機能を体験

iPhoneやiPod touchを使ってNAPPAの客数・客層調査を実際に体験。「NAPPAを使用して見えてきたエリア内の遊技客の動き」を客数・客層・機種タイプ・貸し玉区分など様々な方向から分析した結果をご覧いただきました。

アンケート結果

2011年2月14日 南州ソフトウェア調べ

客層分析について
アンケート集計結果グラフ「客層分析について」

客数調査をどのようにしておこなっていますか?
アンケート集計結果グラフ「客数調査をどのようにしておこなっていますか?」

このように、多くの企業様が今回のセミナーで客層分析の重要性を感じ、また実際に分析に取り入れることを検討されています。

現状では客数調査を紙で行うというのがほとんどです。NAPPAは調査データをパソコンに打ち込む時間をゼロにでき、分析まで自動で行えるところが評価をいただいている点のひとつです。

客数調査の活かし方は?
アンケート集計結果グラフ「客数調査の活かし方は?」

このように多くの企業様が客数調査データを機種選定や営業戦略に役立てています。

このページのトップに戻る