指静脈認証 勤怠管理システム ID Station ライト

お電話でのお問い合わせは0458316751まで

ID Station ライト オンラインヘルプ

指静脈センサーを抜いたらブルースクリーンになった

対象:Windows Vistaをお使いのお客様

2009年6月17日、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社より以下の通り報告がありました。ID Stationライトをご使用頂いているお客様の中で、Windows VistaにてID Stationライトをご使用の場合、PCを起動中に指静脈センサーを抜き差しするとOSがブルースクリーンになる現象が報告されております。詳細につきましては以下をご参照下さい。

詳細報告書を読む

2009/06/23 [改訂版] 発生条件更新

 
---------------------------------------
 [改訂版]静紋J300のMicrosoft Windows Vista SP2および
 Microsoft Windows Server 2008 SP2のサポートについての
 注意事項【発生条件更新】
 
 ※ 本情報は、情報ID:20090617-01 にて公開しております掲載済み内容の
    「発生条件」を更新した内容となります。
---------------------------------------

ご使用いただいております静紋製品において,下記に示す注意事項がございます。
ご確認くださいますようお願いいたします。
新しい情報が判明次第,情報を更新いたします。



<< 1.注意事項 >>

Service Pack 2 (SP2)を適用したWindows Vistaおよび
Windows Server 2008において,静紋J300の動作検証を行っておりますが,
現状で下記の現象が発生することを確認しております。
SP2または対象となるWindows更新プログラムまたは
修正プログラム(以下,更新プログラム)を適用しないようお願いいたします。


<< 2.現象 >>

SP2が適用されたWindows VistaおよびWindows Server 2008において,
静紋J300が接続されたUSBケーブルを抜き差しすると
OSがブルースクリーンになる場合があります。ブルースクリーンになった場合
PCの再起動が必要になります。また,SP1以降に公開された更新プログラムが
適用されている環境でも同様の現象が発生することがあります。


<< 3.発生条件 >>

次の条件のどれかに該当する場合に発生することが有ります。
・ Service Pack 2が適用されている。
・ 下記の更新プログラムのうちのいずれかが適用されている。
なお,下記以外にも現象が発生するパッチが存在する可能性が有ります。
それらについては新しい情報が判明次第,情報を更新いたします。
 
 【6/17公開情報】
 #  KB番号
 ==================
 1. KB949201
 2. KB954052
 3. KB955840
 4. KB956183
 5. KB956388
 6. KB961249
 7, KB961317
 8. KB963655
 
 【6/23追加公開情報】
 #  KB番号
 ==================
 9.  KB951720
 10.  KB955446
 11.  KB962201
 12.  KB968551
 13.  KB968764
 14.  KB971171


<< 4.対処方法 >>

Service Pack 2もしくは上述の更新プログラムのすべてをアンインストールしてください。


<< 5.対象製品一覧 >>

 指静脈認証システム 静紋J300
 (静紋J300ドライバをインストールしているPC)



以上

2009年6月23日
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
ソリューション開発本部静紋設計部

2009/06/17

 
---------------------------------------
   静紋J300のMicrosoft Windows Vista SP2および
   Microsoft Windows Server 2008 SP2のサポートについての注意事項
---------------------------------------

ご使用いただいております静紋製品において,下記に示す注意事項がございます。
ご確認くださいますようお願いいたします。
新しい情報が判明次第,情報を更新いたします。



<< 1.注意事項 >>

Service Pack 2 (SP2)を適用したWindows Vistaおよび
Windows Server 2008において,静紋J300の動作検証を行っておりますが,
現状で下記の現象が発生することを確認しております。
SP2または対象となるWindows更新プログラムまたは
修正プログラム(以下,更新プログラム)を適用しないようお願いいたします。


<< 2.現象 >>

SP2が適用されたWindows VistaおよびWindows Server 2008において,
静紋J300が接続されたUSBケーブルを抜き差しすると
OSがブルースクリーンになる場合があります。ブルースクリーンになった場合
PCの再起動が必要になります。また,SP1以降に公開された更新プログラムが
適用されている環境でも同様の現象が発生することがあります。


<< 3.発生条件 >>

次の条件のどれかに該当する場合に発生することが有ります。
・ Service Pack 2が適用されている。
・ 下記の更新プログラムのうちのいずれかが適用されている。
なお,下記以外にも現象が発生するパッチが存在する可能性が有ります。
それらについては新しい情報が判明次第,情報を更新いたします。

 #  KB番号
 ============
 1. KB949201
 2. KB954052
 3. KB955840
 4. KB956183
 5. KB956388
 6. KB961249
 7, KB961317
 8. KB963655


<< 4.対処方法 >>

Service Pack 2もしくは上述の更新プログラムのすべてをアンインストールしてください。


<< 5.対象製品一覧 >>

 指静脈認証システム 静紋J300
 (静紋J300ドライバをインストールしているPC)




以上


2009年6月17日
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
ソリューション開発本部静紋設計部

対処法

株式会社日立ソリューションズより、新しいドライバが公開されました。Windows Vistaをお使いのお客様は弊社までお問い合わせください。お問い合わせは、ID Station ライトをご購入いただいたお客様に限ります。

※新しいドライバをインストールするまでは、パソコンの電源が入った状態で静脈認証センサーのUSBケーブルを抜き差ししないでください。